• 【週刊ホテルレストラン】 ネオレックス 先進の勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」 伊東園ホテルなどのクリアックス グループが採用

【週刊ホテルレストラン】 ネオレックス 先進の勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」 伊東園ホテルなどのクリアックス グループが採用

  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

伊東園ホテルなどのクリアックス グループが採用

記事全文

システム開発の(株)ネオレックス(本社・名古屋、駒井拓央社長)は、同社の提供する、SaaS・ASP型の勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」が、クリアックス グループに採用されたことを明らかにした。「バイバイ タイムカード」は、タイムカード、タイムレコーダーなどを利用して行なわれている従業員の出退勤時刻の記録と、それらの集計作業や給与計算ソフトへの入力作業を自動化する、SaaS・ASP型の勤怠管理システム。クリアックス グループは、伊東園ホテルなど36ホテルをはじめ、カラオケうた広場、まんが広場など計118事業所を全国に展開し、従業員は約5000人を擁している。これまで、勤務環境の異なる業種・業態ごとに、複数の勤怠管理システムを使い分けていたが、業務効率の改善と、管理体制の強化を図るため、「バイバイ タイムカード」を導入したもの。

新システム導入により、(1)グループ全体で同一のシステムを利用することで、多様で複雑な勤務体系に対応した勤怠管理が可能になった、(2)指静脈認証による打刻ができるため、確実に本人確認ができるようになった、などメリットは大きい。昨年12月から導入を開始、今夏7月には全拠点での打刻が実施されており、5000人の従業員の勤怠管理が一元化・効率化・正確化された。

勤怠管理のタイムレコーダーには、パソコン、携帯電話、バーコード、QRコード、ICカード、指静脈などの多種多様な打刻方法があるが、(株)ネオレックスでは、「低価格でフレキシブルなカスタマイズ対応」を特徴としている。多様な勤務環境を持つクリアックス グループとしては、同グループに最適なSaaS・ASP型・指静脈打刻方式を選択した。なお、「バイバイ タイムカード」は、08年にASP・SaaSアワードで、業務系分野グランプリを受賞しており、08年12月現在で利用者数は5万人を数えている。<池>

(週刊ホテルレストラン 2009年8月7日号)

このページの先頭へ