指静脈認証による打刻方式に対応

  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

システム開発の株式会社ネオレックス(本社:名古屋市熱田区、社長:駒井拓央)は、同社の提供するSaaS・ASP型の勤怠管理システム、「バイバイ タイムカード」において、新たに指静脈認証による打刻方式に対応しましたので、お知らせ致します。

指静脈認証に対応した経緯

従来から、時間給で働く従業員の多い企業を中心に、代理打刻による不正を防止したいという要望を受けていました。

こうした要望に対し、ネオレックスでは、生体認証による打刻方式の検討を開始し、次のような観点から最適な打刻方式の検証を行ってきました。

  • 偽造の難しさ
  • 操作の簡単さ
  • 動作の速さ
  • コスト

今回、金融機関のATMなどでの採用実績が多く、生体認証のデファクトスタンダードとなりつつあるとして紹介を受けた株式会社日立製作所製の「日立指静脈認証装置」、(PC-KCA100)の検証を行った結果、上記観点における全体的なバランスにおいて、本機が勤怠管理システムの生体認証における最適な選択肢と考えられたため、バイバイ タイムカードの正式な打刻方式として採用することを決定致しました。

日立指静脈認証装置生体認証による打刻方式は、単なる管理者都合による管理体制の強化となるだけではなく、「出来心」による不正を防ぐことにより、従業員自身を守ることが出来るものでもあります。

また、カード類を利用した打刻方式に対し、カード類の忘れによる打刻漏れを完全に防止することが出来るという点もまた、生体認証による打刻方式の大きなメリットであると考えています。

今後の取り組み

指静脈認証による打刻方式は、東京都内で飲食店を展開する企業様ですでに採用が決定されており、その他にも複数社で採用のご検討を頂いています。

今後は、不正防止ニーズの強いお客様を中心に、積極的に指静脈認証による打刻方式を紹介していきたいと考えています。

また、今回の指静脈認証への対応に伴い、バイバイ タイムカードで選択可能な打刻方式は12種となりました。引き続き、多様なニーズに対応することが出来るよう、新たな打刻方式を順次追加していく予定です。

バイバイ タイムカードとは

バイバイ タイムカードは、通常おもにタイムカードとタイムレコーダーを利用して行われている従業員の出退勤時刻の記録と、それらの集計作業や給与計算ソフトへの入力作業を自動化する、SaaS・ASP型の勤怠管理システムです。

ASP SaaSアワード「パソコン、携帯電話、バーコード、QRコード、ICカードなどの多種多様な打刻方法(タイムレコーダー)」と、「低価格でフレキシブルなカスタマイズ対応」を特徴とし、2007年には利用者数が4万人を超え、2008年にはASP SaaSアワードにて業務系分野グランプリを受賞しています。

バイバイ タイムカードで利用可能な打刻方式一覧

  1. PC + バーコード
  2. PC + FeliCa
  3. PC + Mifare
  4. PC + QRコード
  5. PC + 指静脈認証(新規)
  6. PC + クリック
  7. PC + Windowsログオン
  8. 携帯電話 + QRコード
  9. 携帯電話 + バーコード
  10. 携帯電話 + 画面メモ
  11. フレッツフォン + バーコード
  12. WB-1 + FeliCa

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ネオレックス
社長室長 駒井 研司(こまい けんじ)

email: info@neorex.co.jp
会社URL: http://www.neorex.co.jp/
製品URL: https://www.byebye-timecard.net/

名古屋本社
〒456-0034 名古屋市熱田区伝馬一丁目4-25
TEL: 052-681-2121 FAX: 052-681-2129

神楽坂オフィス
〒162-0818 東京都新宿区築地4 神楽坂テクノスビル
TEL: 03-5261-9879 FAX: 03-5261-8266

関連サイト

日立指静脈認証ソリューション

このページの先頭へ