就業規則が複雑で何社も対応できないと断られてしまったのですが...

バイバイ タイムカードなら大丈夫です。
2003年に「カスタマイズできるASP」を目指してスタートしたバイバイ タイムカードは、その柔軟性で多くのお客さまのご期待に応えてきました。
いくつかの例もあげておりますので、よろしければ「ピッタリ 様々な打刻方法と柔軟なシステム」のページもご覧ください。

英語への対応は出来ますか?

はい、出来ます。
2008年にIKEAジャパンさんでバイバイ タイムカードをご採用いただく際に、管理システムの英語化に対応しました。
また、必要に応じて英語でのご説明をさせていただくことも可能です。

参考:IKEA様 導入事例

給与計算ソフトとの連携は出来ますか?

はい、出来ます。
お客さまでご利用の給与計算ソフトにあったファイルを自動生成しますので、そのファイルを給与計算ソフトへそのまま入れていただくことが出来ます。

休憩打刻は何回まで出来ますか?

回数に制限はありません。
バイバイ タイムカードは1日に何回でもin(入)、out(退)の打刻を繰り返すことができますので、細かな休憩をすべて打刻し、記録・集計することも可能です。

24時間体制の勤務に対応出来ますか?

はい、出来ます。
バイバイ タイムカードでは、25:00(翌1:00)、41:00(翌17:00)といった深夜0:00以降の時刻を管理出来るようになっています。 また、日付が何時に切り替わるか、という「日付変更時刻」の設定を、IN打刻とOUT打刻それぞれに対して別々に設定したり、 個人別にきめ細かに設定したりすることも出来るようになっています。現在は、工場や物流センター、 ホテルなどのお客様において24時間体制の勤怠管理を実施させていただいております。

1人の従業員が、ヘルプ勤務などで複数の店舗で打刻することは出来ますか?

はい、出来ます。
バイバイ タイムカードでは、ある日の午前にAさんが新宿店で出勤、退勤を行い、 午後になってまたAさんが渋谷店で出勤、退勤を行う(1日2勤務)といった利用が出来ます。 (もちろん、今日は新宿店、明日は渋谷店という勤務も可能です。)また、新宿店で出勤し、 渋谷店で退勤するといった利用も可能となっています。

このページの先頭へ

小規模、シンプルな集計などのニーズの場合は、月額無料の勤怠管理システム、iPadアプリ「タブレット タイムレコーダー」もご検討ください。

タブレット タイムレコーダーは、バイバイ タイムカードを開発した株式会社ネオレックスが、「タイムレコーダーの再発明」を目指して開発した、iPadをタイムレコーダーにするアプリです。
(グッドデザイン賞受賞アプリ。TV東京・ワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」でも紹介されました)