クラウド勤怠管理【ポジショニングマップ】

  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

勤怠管理システムは、アルバイトさんまで含めて社内にいるすべての人がかかわるシステムです。
そのため他の社内システム以上に、お客様ニーズとシステムのアンマッチは大きなストレスを生みます。
機能やお値段について、各システムを比較するのはもちろんですが、まずシステムの得手不得手などが一目でわかるものがあればと思い、クラウド勤怠管理システムのポジショニングマップを作ってみました。

positioning-map.jpg

クラウド勤怠管理システムは、多くの企業から提供されていますが、まずは私たちの把握している、以下の条件に当てはまるサービスをピックアップしています。
1.ユーザー10万人以上
2.ユーザー数と導入企業数を公開している

勤怠管理システムをご検討中の皆さまが、勤怠管理システムを選ぶうえで、少しでも参考になれば幸いです。

このページの先頭へ

小規模、シンプルな集計などのニーズの場合は、月額無料の勤怠管理システム、iPadアプリ「タブレット タイムレコーダー」もご検討ください。

タブレット タイムレコーダーは、バイバイ タイムカードを開発した株式会社ネオレックスが、「タイムレコーダーの再発明」を目指して開発した、iPadをタイムレコーダーにするアプリです。
(グッドデザイン賞受賞アプリ。TV東京・ワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」でも紹介されました)