第17回 勤怠管理ユーザーさん紹介 【スーパー経営業 800名】

2017年1月31日 22:00
  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

こんにちは。コンサルティングチームの齋藤です。

ネオレックスでは、"全メンバーが1社1社のお客さまを知ることで、さらなるお客さま満足向上を目指す"ために、「BT(バイバイ タイムカード)ユーザーさん紹介」を毎週行っています。

今回は、スーパーマーケットで「バイバイ タイムカード」をご利用いただいているお客様を紹介いたします。


スーパーマーケットのイメージ写真

打刻方法

iPadにQRコードをかざすだけで簡単に打刻できる、「バイバイタイムカード for iPad」をご採用いただいています。スーパーで働く従業員さんをはじめ、管理部門などオフィスワーカーの方もiPadを打刻機として毎日の出退勤を記録しています。「バイバイ タイムカード for iPad」は、安価に打刻カードを作成できる点でもおすすめの打刻方法です。QRコードを印刷して名刺サイズに加工するだけなので、ICカードや磁気カードなどに比べてコストを抑えて発行できます。

柔軟なシフト管理

こちらのお客様では、休憩の時間帯もシフトで管理しており、最大で1日に4回の休憩を取得するよう運用されています。バイバイ タイムカードでは、シフトを1日に5つまで入力ができるようにし、シフト間の時間帯を休憩時間として取り扱うことで対応しています。

この他にも、
・休憩を時間数として取り扱うシフト
・1日に複数勤務を管理するシフト
・勤務する部門を指定できるシフト

などなど、多数のシフト管理機能を備えました。

分析機能

このお客様は、バイバイ タイムカードの導入に伴い生産性分析に力を入れたい、というご希望がございました。特に、「部門ごとに労働時間を集計し、売上と比較したい」というご要望があり、バイバイ タイムカードから出力した勤怠データを他システムと連携することで生産性分析を行っています。

  1. 従業員が勤務部門を選択して打刻する
  2. 打刻の勤務部門に基づき、どこで何時間の勤務があったかを自動集計する
  3. CSVデータとして出力する
  4. 他システムに取り込む

こちらのお客様では、別システムで生産性を分析していますが、バイバイ タイムカードでも生産性分析用のオプション機能を取り揃えています。

このように柔軟にカスタマイズ対応できるのが「バイバイ タイムカード」の強みだと考えています。今後もしっかりお客様のニーズに応えていきたいと思います。

(齋藤哲郎)

ネオレックスの取り組み「BTユーザーさん紹介」についてはこちら
https://www.byebye-timecard.net/blog/2015/03/bt-2.html

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ