第16回 勤怠管理ユーザーさん紹介 【水族館・アミューズメント業 1,000名】

2016年12月13日 21:00
  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

こんにちは。コンサルティングチームの安達です。今春ネオレックスに入社した新人です。

ネオレックスでは、"全メンバーが1社1社のお客さまを知ることで、さらなるお客さま満足向上を目指す"ために、「BT(バイバイ タイムカード)ユーザーさん紹介」を毎週行っています。

今回は、水族館や動植物園、遊園地などの運営を行っているお客さまを通して、「バイバイ タイムカード」の紹介をしたいと思います。

こちらのお客さまに利用していただいている「バイバイ タイムカード」の機能の中から、今回は次の2点を紹介したいと思います。

・「予実対比型 就業実績バーグラフ」機能
・36協定対象の(法定の)時間外労働時間の集計

「予実対比型 就業実績バーグラフ」機能

こちらのお客さまには、 「予実対比型 就業実績バーグラフ(予実バーグラフ)」機能を利用していただいています。

予実対比型 就業実績バーグラフの画面

この機能は、このように勤務時間について予定時間が青、実績時間が緑のバーグラフとして表示され、一目で予定と実績の勤務状況を把握することができます。

予実対比型 就業実績バーグラフの画面 また、予実バーグラフ専用の画面以外にも、このように勤務データを編集する画面で、その他の集計結果と合わせて予実バーグラフを確認しながらデータを編集することが可能です。

36協定対象の(法定の)時間外労働時間の集計

36協定対象の時間外労働時間には 、厚生労働省の基準によって月45時間の上限が定められています。こちらのお客さまには、時間外労働時間がこの月45時間の上限を超えていないか厳密にチェックしたいというニーズがありました。しかし、お客さまの社内規定の時間外労働時間の計算ルールは法定のものと異なる(法定よりも長くなる場合がある)ため、社内規定の時間外労働時間をそのまま月45時間の判定に用いることはできませんでした。

「バイバイ タイムカード」では、社内規定に基づく時間外労働時間と法定に基づく時間外労働時間を別々に計算することができます。今回のケースでは、給与計算向けに社内規定の時間外労働時間、36協定の上限チェック用に法定の時間外労働時間をそれぞれ出力しています。

具体的には、法定の時間外労働時間は1日8時間を超える勤務時間、お客さまの社内規定の時間外労働時間はシフトの所定時間を超える勤務時間となっています。例えば、シフトの所定時間が7時間の日に9時間勤務すると、時間外労働時間が法定では1時間、社内規定では2時間となります。このように計算してゆくと、法定の計算では月45時間の上限以内に収まっているのに、社内規定の計算では見かけ上超過している、という状態が有り得るので、上限チェック用に法定のルールに厳密な時間外労働時間を別途出力するという対応になりました。

このように、「バイバイ タイムカード」では、私たちコンサルティングチームのメンバーが、お客さまのご要望をお聞きして、勤怠管理に関わる様々な計算方法に対応させていただいています。

お客さま独自の特殊な勤務形態にも対応可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

(安達広介)

ネオレックスの取り組み「BTユーザーさん紹介」についてはこちら
https://www.byebye-timecard.net/blog/2015/03/bt-2.html

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ