「タブレット タイムレコーダー」と「バイバイ タイムカード」の違い

2015年9月30日 12:00
  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

2015年7月に販売開始したネオレックスの「タブレット タイムレコーダー」が、この度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。
http://www.tablet-time-recorder.net/category/news/ttr-gd2015.html

そこで、今回は「タブレット タイムレコーダー」と「バイバイ タイムカード」の違いについて簡単にご紹介したいと思います。

TTR-BT.jpg

    • 商品・歴史
    • 【タブレット タイムレコーダー】

2015年7月に販売開始したiPadアプリ

      【バイバイ タイムカード】

販売から12年目を迎えるクラウド勤怠管理システム

    • 対象
    • 【タブレット タイムレコーダー】

単体で動くアプリで、50名前後の単一事業所に向いている。勤怠の集計に加えて顔写真の撮影や各種グラフ、ビデオメッセージなどで「働く人を笑顔にするタイムレコーダー」を目指している。

      【バイバイ タイムカード】

多種多様な打刻方法と柔軟なカスタマイズ対応が得意で、勤務の複雑な現場を持つお客様に向いている。

    • 実績
    • 【タブレット タイムレコーダー】

2015年6月30日、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の「トレンドたまご」で紹介される。
2015年度グッドデザイン賞受賞

      【バイバイ タイムカード】

プリンスホテルさんや日本郵政(かんぽの宿)さん、IKEAジャパンさん、カルディコーヒーファームさんなど大手での実績豊富
100社15万人以上でご利用いただき、1,000人以上規模ではシェアNo.1(2015ミック経済研究所調べ)

    • 費用
    • 【タブレット タイムレコーダー】

月額費用はかからないライセンス買取方式

      【バイバイ タイムカード】

導入は専任のコンサルティングチームが主体性をもって行うため、月額の他に初期設定費用が必要

以上、皆さまのよりよい勤怠管理システム導入の参考になれればと思います。

(広報担当)

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ