伝達道場の紹介

2013年6月21日 18:48
  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

こんにちは、品質管理チームの山下です。

私からはメールアカデミー「伝達道場」について、
紹介させていただきます。

「伝達道場」はプレゼンテーションからメールの書き方まで、
様々なコミュニケーションについて、勉強や取り組みを
メンバーと共有して、スキルアップして行くアカデミーです。

ブログでは、メンバーと共有した内容のいくつかを
紹介していきたいと思います。
それが皆様のお役に立てば幸いです。

それでは、今回紹介させていただくのはコチラ!


<<メール文>>
今週はまず、朝礼を録音してみました。
聞き直して気づいたことは多々ありますが、
一番印象を受けたのは、
 ・マイクは自分の方が近いのに、
  隣にいる○○さんの声の方が大きい!
  (声が通る通らないの差はあるかもしれませんが)
でした。


これは、アカデミーを始めた頃の私の経験です。
経験がお有りの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
声の性質というのはどうしようもなく、諦めてしまいがち
ですが、改善は可能です。

私が取り組んだのは主に4点です。


声を大きくする。
声のトーンを上げる。
よくしゃべるようにする。
間を入れて話す。


1については、言わずもがなですね。
2については、音程が高い方が声は通り、耳に届きやすいので、実践しています。
3についてですが、私は普段全くしゃべらないので、
いっぱいしゃべると息切れするような状況でしたので(笑)、
独り言でいいので、しゃべるようにしました。
傍からみると変な人です。

最後の4です。
話している一文の最後の方が声が小さくなり、
若干早口になるような経験はないでしょうか?
これは、一文をひと呼吸で話そうとしてしまい、
息切れと共に、早く話し終わろうという気持ちが
働いてしまうからだそうです。
よって、一文の中でも間を設け、呼吸することで、
そういったことがなくなるそうです。

4は、メールアカデミーの中で情報を頂きました。
大変感謝しています!

それでは、また次回!

(山下公大)

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ