ユーザーさんが、ユーザーさんに、ばったり

2010年6月2日 15:16
  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

バイバイ タイムカードのユーザー企業である、ある会社の情報システム担当の方から伺ったお話です。

この方(仮に「Tさん」としますw)が、携帯電話ショップにお買い物に行った時、とても綺麗な店員さんが首から下げていた社員証に、何やら見慣れたものが・・・

あ、打刻用のバーコードだ!

Tさんは遠慮して(?)、特にこのことには触れずにお店を出て来たとのことでしたが、「この間、見かけちゃったんですよ~」と嬉しそうにネオレックスの担当に話して下さったそうです。

なんか、すごく嬉しいですね!

確かに、気が付けば6万人以上の方が毎日バイバイ タイムカードを使っているわけで、ユーザーの方が他のユーザーを見掛けるとか、バイトを変えたらそこでもバイバイ タイムカードが使われていた、なんてことが起こっても、別におかしくはないんだとは思います。

でも、なんか不思議です。7年前には誰も知らなかった「バイバイ タイムカード」というものが、こんな風に世の中に浸透してきているということに、まだ実感が持てないんですね。

ま、考えてみれば、僕自身、お客様のお店や製品などを見掛ける度に自分の子供達に「ここでもバイバイ タイムカードが使われているんだぞ!」っと話しているので、実はうちの子供達は、世界中どこでもバイバイ タイムカードが使われているような錯覚を持ってしまっているんですが(笑)

まだまだ、感慨に耽るほどの普及からは程遠いと気を引き締めつつも、バイバイ タイムカードの着実な普及と、「見かけちゃったよ~」と嬉しそうに話して下さる、バイバイ タイムカードに愛情を持って頂いているお客様の存在に、今日は、喜びをかみ締めたいと思います ^^v

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ