自作!LED蛍光灯

2010年3月25日 16:29
  • 神楽坂ショールーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 概算見積もり

突然ですが、名古屋にあるネオレックス本社では、166本の蛍光灯が使われています。
(意外と多いですよね!)

蛍光灯はもちろん消耗品なので時々交換するのですが、そのサイクルは大体3年です。
この交換はなかなか大変。

しかも最近では、安定器がが劣化してきて、特に寒い日には「ちらつき」が気になるようになってきました。

そこで弊社の会長は、「LED蛍光灯に交換しよう!」と考えました。

しかし調べてみると市販のLED蛍光灯は高い!買うと1本2.5万円位するとのことで、166本を全てLED蛍光灯に変更すると・・・なんと400万円以上に!

ならば!ということで、会長はLED蛍光灯を自作することにしました。
(ご存知の方なら、「あー、ネオレックスらしいなぁ」、または、「あー、会長らしいなぁ」と思われることでしょうw)

1.板金屋さんにお願いして細長いステン板に、四角い穴を32個空けてもらい・・・
2.穴のところにLEDをはめこんで、放熱を兼ねた固定方式を考え・・・
3.要らなくなる蛍光灯を割って、両端のプラグを接着剤で両端に接着し・・・
4.LED+抵抗の回路を配線して・・・
5.天井裏の100V配線に、直流を流すようにして・・・

はい出来上がり!

LEDFluorescent.jpg

会長によると、「必要な知識はオームの法則だけ」とのこと。
(ほんと?!)

ポイントは海外製の安いLEDを活用したところ。
通常ならバラツキの少ない高価なLEDを使ったり、定電流回路を使ってバラツキを抑えたりするところですが、安価なLEDを使い、抵抗の調整でバラツキを整えるという方法を取っています。

これにより、買ったら2.5万円のLED蛍光灯が、3,000円くらいで出来ちゃいました!
それに消費電力も従来の半分以下。

現在は8本が完成し、試運転中です。

近く全ての蛍光灯の切替を実現すると共に、更に太陽光発電にも挑戦し、照明の電源は全て太陽光でまかなう計画だとか・・・

ローテク(?)&自力で時代の先端を行くネオレックスの取り組みでした。

今後の展開にも、乞うご期待!

switchboard.jpg

試運転のため、配電盤では電流、電圧を調査中・・・

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ