社員食堂での食事の記録を管理できます。

勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」における社食システム機能の画面

  • 勤怠管理システムと統合されているので、勤怠の情報と社食利用の情報を一元管理できます。
  • 現場に設置された社食端末で、品目と数量を選択してから従業員カードを読み取ることにより社食利用の情報が登録されます。
  • 社食端末からクラウド上のサーバーに定期的にデータが送信されます。
  • 管理者向けにWebベースの管理システムがあり、社食端末から送信された社食利用のデータを従業員別・月度別に閲覧・編集できます。
  • カード忘れへの対応など、社食端末に入力されなかった社食利用の情報を追加入力することができます。
  • 集計された社食利用の情報は、勤怠情報と同じようにPDFの帳票や給与システム向けのCSV出力のデータとして利用できます。
  • ここで紹介しているメニュー選択をするタイプの他に、QRコードを1回読み取るだけの操作で食事回数のみをカウントしている事例もあります。

具体的な操作

待ち受け状態はこのような画面です。

社食システム機能の待ち受け画面です。

品目ボタンをタップすると、品目が選択されます。

社食システム機能の手順「品目選択」

数量を変えたい場合は画面右下のテンキーで入力します。

社食システム機能の手順「数量選択」

複数の品目を選択する場合は続けて品目ボタンをタップします。

社食システム機能の手順「複数の品目選択」

選択しおわったらICカードを読み取ると登録されます。

勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」での社食システム機能の利用方法

社食システム機能の手順「登録完了」

登録されたデータは管理システムで閲覧・編集や帳票出力できます。

社食システム機能の閲覧、編集画面

勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」における社食の表示

勤怠と社食のデータ処理でお困りのお客様、月末の締め処理を削減できるバイバイ タイムカードのご検討を是非よろしくお願いします。

  • バイバイ タイムカード日記

このページの先頭へ

小規模、シンプルな集計などのニーズの場合は、月額無料の勤怠管理システム、iPadアプリ「タブレット タイムレコーダー」もご検討ください。

タブレット タイムレコーダーは、バイバイ タイムカードを開発した株式会社ネオレックスが、「タイムレコーダーの再発明」を目指して開発した、iPadをタイムレコーダーにするアプリです。
(グッドデザイン賞受賞アプリ。TV東京・ワールドビジネスサテライト「トレンドたまご」でも紹介されました)